ウォーレン・バフェット > 評判 > 化学 > 旭化成の評判

旭化成の評判

旭化成」(Asahi Kasei Corporation)

旭化成株式会社は、化学、住宅、建材、エレクトロニクス、医薬品、繊維等の事業を行う、

各種子会社を統括する純粋持株会社。

野口が延岡で世界初のカザレー式アンモニアの合成化に成功したのを機に始まり、

昭和に入ってアンモニアを使用した再生繊維「ベンベルグ」を発売。

その後、数々の合成繊維、うま味調味料、化学薬品等の製造をしていたが、

戦後に事業を多角化して、家庭用品で1960年に発売した、

「サランラップ」の爆発的大ヒットで旭化成の名を一躍全国区に、

さらに「サランラップ」を押し進めた形で、冷凍、冷蔵、過熱、解凍が可能な、

食品保存密封袋「ジップロック」の販売権をライオンから譲受し、主力商品とした。


現在は上記のほかに医薬品や繊維加工技術から発展した弱電部品の製造、

そして耐火性・耐候性を前面に打ち出した新建材「ヘーベルパワーボード」や、

それを使用した「へーベルハウス」ブランドの住宅の販売も行っている。

設立は1931年5月。1949年5月に上場。

(出典:ウィキペディア)

製品一覧(提供:楽天)を見る→


■ 「旭化成」の評判 (Yahoo!掲示板検索)

  • Yahoo!掲示板に投稿された投資家達の意見から評判を探りましょう。
  • Yahoo!掲示板の最新データ(RSS)を自動表示しています。

■ 「旭化成」の評判 (Yahoo!知恵袋検索)

  • Yahoo!知恵袋に投稿されたQ&Aから評判を探りましょう。
  • Yahoo!知恵袋の最新データ(RSS)をスコア順に自動表示しています。

■ 株式投資・評判データベース[化学]

記事検索 

収録記事を
五十音で検索できます。