ウォーレン・バフェットによろしく > 竹田和平の名言




sponsored link



竹田和平の名言(偉大な投資家達に学ぼう)

竹田和平」(1933〜)

「タマゴボーロ」で有名な竹田製菓の代表取締役。

「日本一の個人投資家」と呼ばれる人物。

購入した株を長期間を持ち続ける投資スタンスから、

日本のウォーレン・バフェットとも呼ばれる。

関連書籍一覧(提供:楽天)を見る→

■ sponsored link



■ 名言集


ぼくは夢は買いません。

投資先の会社の明日なんて、

実際にはその会社の社長にだってわからないからです。


株で失敗する人は多いけれど、

みんな明日の夢ばかりを買いすぎるのが原因だと思います。

だからケガをするのです。




私はずっと何十年も会社の経営を見てきましたが、

つぶれる会社もごまかす会社もみんな借金の多い会社です。

逆に財務が健全でつぶれたところは見たことがありません。




昔の庄屋が自分の田んぼの値段をいちいち気にするかい。

庄屋が気にするのは、どれだけの人手が必要で、

どれだけの年貢が取れるか、ということだけだよ。

株だって同じ。

配当をもらって快適な気分になればいい。




たとえ千株しか買わないにしても、

株主になるというのは会社の小口の旦那になるということです。

番頭である経営者がきちんと仕事をしているかどうかが、

配当金の継続に現れます。


その上で配当利回りが高いことが、投資対象にするには重要ですね。

借金があまり多くないこと、純資産倍率が低いこと、

そして過去の安値圏水準に近いことも重視しています。




あまり儲けられない人が勘違いする点なのですけどね。

夢を見て投資をしてはいけないのですよ。

企業は、昨日も今日も存続しているのです。

それを夢と言って、投資する人が勝手な期待を膨らませて、

目を曇らせるからいけないのですよ。


冷静に、昨日の数字、今日の数字を見て判断する。

そうして下がりきっ た割安株だけを買うようにする。

そうすれば、投資で失敗する危険性は、

とても少なくすることができるはずなんですけどね。




数年前のことです。

ある会社の株を400円台で取得したのですが、

これが半年ほどしたら1600円にまで高騰しました。

普通はここで売りに出すんでしょうね。

なにしろ売却益が10億円近くまで跳ね上がったのですから。


それでも私は手放さない。

なぜなら、旦那でありたいからです。

頑張っている企業を応援したいからです。




上がってよし

下がってよしの

株価かな。




■ 投資家の名言

記事検索

収録記事を
五十音で検索できます。