ウォーレン・バフェット > 株式投資セミナー > キャッシュフローとビジネスモデル

バリュー投資戦略 キャッシュフローとビジネスモデル

バリュー投資戦略 キャッシュフローとビジネスモデル」(講師:角山智)

「バリュー投資戦略 キャッシュフローとビジネスモデル」(講師:角山智)は、

2008年10月に発売された株式投資のDVDセミナーです。

DVD バリュー投資戦略 キャッシュフローとビジネスモデル編
角山智
パンローリング
売り上げランキング: 1222676

■ セミナー内容

式投資では、自分のベースとなる投資スタイルを持ちながらも、
相場環境に応じて戦い方を変えていく必要があります。

バリュー投資においても、低PER・低PBR銘柄を買い持ちするだけで
利益をあげられた時期もありましたが、
同じやり方でいつまでも儲けられるほどマーケットは甘くありません。

企業価値やビジネスモデルといったファンダメンタル分析だけでなく、
お金の流れや市場心理を含めた、総合的な投資判断が求められるのです。

本当のバリュー投資とは、単に割安な銘柄を選んで買うことではないと
気付かれるはずです。

「潮の流れ」を読む 「猫も杓子も株、株・・」となれば
マーケットの末期減少と言われます。
ところが、現在の本屋の株本コーナーでは、株本を見かけなくなり、
いま株で儲けているよという人も、とんと見かけなくなりました。

現在は底値圏で見られる現象かもしれません。
忘れてはならないことは、マーケットの勝者は少数であり、
誰もが儲かるものではありません。投資とは孤独な作業です。
(人の行く裏に花の山あり)

本当に儲けられる人は、来るべきマーケットに備えている人です。
バリュー株投資が有利である状況は、
日本のみならず世界的に観察されていますが、
更に精度を高めるための技術を公開します。

会計学博士 榊原正幸氏から推薦の言葉 今の日本市場では、
割安株が散見され、こういう時に仕込みを入れられる投資家こそが、
後になって大きな成果を得られる投資家であることは間違いないでしょう。

角山氏のバリュー投資法は、非常に理論的かつ堅実なものであり、
私も注目しています。

最近上梓された『バリュー投資の強化書』は、
帯に書いてある「単に、割安な銘柄を選んで買うだけでは
本当の”バリュー投資” とは言えない!」という言葉が気になり、すぐに買いました。

分厚い本なので、私もまだ少ししか読んでいませんが、
かなり期待できる良書だと思います。
このように分厚い本こそ、本当の意味で「教科書」となるものなのです。
じっくりと読みたいものです。

私も本を書くのでわかるのですが、分厚い本を書く人というのは、
伝えるべきことを豊富に持っている人なのです。
そうでなければ、分厚い本は書けません。そういう方の解説は、
きっと身のあるものに違いありません。

(出典:Traders Shop)


■ 「バリュー投資戦略 キャッシュフローとビジネスモデル」のダイジェスト動画

  • 動画提供:パンローリング株式会社


■ 株式投資セミナー

記事検索 

収録記事を
五十音で検索できます。