ウォーレン・バフェットによろしく > フィリップ・フィッシャーの名言




sponsored link



フィリップ・フィッシャーの名言(偉大な投資家達に学ぼう)

フィリップ・フィッシャー」(1907〜2004)

長期投資をスタンスにした投資家で、

ウォーレン・バフェットなど著名な投資家の多くが、

その思想を受け継いでいると言われています。


フィリップ・フィッシャーの投資哲学を代表する話として、

1955年に小さなラジオ製造業者「モトローラ」の株を購入し、

2004年96歳で死ぬ時まで保有し続けたことが有名になっています。

関連書籍一覧(提供:楽天)を見る→

■ sponsored link



■ 名言集


投資家は決して10%や20%の小さな利益にではなく、

何年間もかけて10倍近くになるような、

株価の成長にこそ興味をもつべきだ。




株式の買い付けさえ正しく出来れば、

投資の仕事はほぼ終わったものと考えてよい。


売却のタイミングはまず考える必要はない。

保有し続けるのが最良の策である。


単に株価がかなり上がったというだけの理由で、

持ち株を全部手放してしまうことほど愚かなことはない。




大きく儲ける秘訣は、並外れて優秀な企業を選んで株を買い、

その企業が成長し内容が充実していく間は、

何年間でもずっと持ち続けられることだ。




厳しく選び抜かれた少数の最優良株に投資し、

最小のリスクで資産を最大化する。




その企業が、

並み外れた成功を収めるための条件を満たしている間は、

その株は決して売ってはならない。




■ 投資家の名言

記事検索

収録記事を
五十音で検索できます。