ウォーレン・バフェットによろしく > ピーター・リンチの名言 > ピーター・リンチの名言4




sponsored link



ピーター・リンチの名言4(偉大な投資家達に学ぼう)

ピーター・リンチ」(1944〜)

全米No1と言われる伝説のファンドマネージャー。

1977年〜90年まで「マゼラン・ファンド」の運用を担当しており、

ファンド資産2000万ドルを140億ドルにした記録を持つ方です。

関連書籍一覧(提供:楽天)を見る→

///4

■ sponsored link



■ 名言集


多くの場合、割安に飛びつくよりは、

高くても本命の、よい会社を買う方がはるかによいのである。




来月、来年、三年後のいつか、

相場は暴落する。




暴落は、目をつけた会社の株を買う絶好の機会である。

調整(暴落のウォール街流の呼び名)は、

素晴らしい会社の株をバーゲン価格まで下げてくれる。




一年あるいは二年先の相場の方向を予測するなど、

不可能である。




株価は、しばしばファンダメンタルズとは逆の方向に動くが、

長期では株価の方向と収益の持続性は同じ流れである。




株価が安いというだけで平凡な見通しの会社の株を買うことは、

お金を失うもとである。




市場平均以上の成果をあげられないと思うのなら、

投資信託を買って、余分な精力やお金は使わないことである。



///4

■ 投資家の名言

記事検索

収録記事を
五十音で検索できます。