ウォーレン・バフェットによろしく > ピーター・リンチの名言 > ピーター・リンチの名言2




sponsored link



ピーター・リンチの名言2(偉大な投資家達に学ぼう)

ピーター・リンチ」(1944〜)

全米No1と言われる伝説のファンドマネージャー。

1977年〜90年まで「マゼラン・ファンド」の運用を担当しており、

ファンド資産2000万ドルを140億ドルにした記録を持つ方です。

関連書籍一覧(提供:楽天)を見る→

/2//

■ sponsored link



■ 名言集


これからの一年間に必要な大学の教育資金、結婚資金、

その他の資金で株式や投資信託などを買ってしまうことは馬鹿げている。




私は常にマーケットの上げ下げは、

無視すべきだと信じてきた。




投資信託は、いちいち株式相場を見る暇のない人や、

資金が少なくて何銘柄もは買いたくても買えない人のための、

素晴らしい発明である。




レッグスやダンキン・ドーナッツなど、

身近な銘柄を手掛けることの長所は、


そこのパンストをはいたり、

ダンキン・ドーナッツのコーヒーを飲んだりするたびに、


高給取りのウォール街のアナリストが行っている、

ファンダメンタルな調査と同じことをしているということだ。




株式投資を始める前に幾つかチェックすべきことがある。

相場をどうとらえるか、本当に投資する必要があるのか、

投資に何を期待しているか、短期にするのか長期投資に徹するのか、

突然株価が急落したらどう対処するか、などである。

投資を手がける前に、目的を決め、自分の態度をはっきりしておくべきだ。




ファンダメンタルズはよいのに株価が下がったら、

そのまま保有しているに限る。




コンスタントに勝つ人は、

うまくいっているときは思い切った勝負をし、

勝算が低いとサッと降りる。


よく負ける人は、負けそうになっても奇跡に期待したり、

スリルを楽しんで勝負を降りないタイプだ。

ポーカーでもウォール街でも、

奇跡は、負ける人が負け続けるよりも起きないものだ。




株で成功する人は、

ときには損をしたり予期せぬ出来事に遭うことを、

しっかり自覚している。




株の10年、20年という長期的なトレンドはかなり予想がつくが、

二〜三年後となると、

コインをぽんと投げて面の表裏を当てるようなものだ。




会社に投資するのであって、

株価に投資するのではない。




自分の知らない株を買って幸運にも儲かる人もいるかもしれない。

だがそれはマラソンの選手が、

その名声をボブスレーに賭けようと考えるのと同様に、

あえて自らハンディキャップを負うようなものである。




収益性こそが、

株価上昇の鍵なのである。




私のファンドのなかには、

二〜四%程度の低成長しか見込めない会社の株は、

あまり組み込まれていない。


株価の方の成長も、

期待できないからである。




誰かが、株で二倍、三倍の儲けを出したと自慢していたなら、

「どれだけの期間持っていたんですか?」と聞くべきだ。

往々にして、長く持つリスクを正当化するほどの利益は出ていないものである。




私の個人的な好みは、

年に20〜25%の成長を遂げ、

うまくすれば株価は10倍〜40倍、あるいは200倍にもなりそうな、

積極性のある小企業である。



/2//

■ 投資家の名言

記事検索

収録記事を
五十音で検索できます。