ウォーレン・バフェットによろしく > ピーター・リンチの名言




sponsored link



ピーター・リンチの名言(偉大な投資家達に学ぼう)

ピーター・リンチ」(1944〜)

全米No1と言われる伝説のファンドマネージャー。

1977年〜90年まで「マゼラン・ファンド」の運用を担当しており、

ファンド資産2000万ドルを140億ドルにした記録を持つ方です。

関連書籍一覧(提供:楽天)を見る→

1///

■ sponsored link



■ 名言集


クレヨンで説明できないアイデアには、

決して投資するな




優良企業に投資しているのなら、

時間はあなたの味方になる。

我慢できるからである。


たとえ最初の5年間のウォルマートに投資できなくとも、

次の5年間所有していれば満足のいく結果が得られた。

オプションを保有していると、時間は敵になる。




もし、株価が下がったら、

ぜひ保有したいという銘柄をリストしてあるなら、

年末は待ちに待った買いの絶好の時期だろう。




買った株が上がったということだけで、

あなたが正しいということにはならない。

買った株が下がったということだけで、

あなたが間違っていたということにもならない。


ストーリーをチェックするのをやめ、

自己満足するような勝者にはならないでもらいたい。




ほとんどの人は、

株式投資よりも電子レンジを買うことのほうに、

より多くの時間をかけるのである。




十分な銘柄調査の結果できあがったポートフォリオは、

債権やその他の金融商品のポートフォリオよりも長期的には利回りはよい。

長期であっても選別が不十分であれば、

ベッドの下に現金を置いておくほうがましである。




よい株であるのに株価が下がっているものを、

その価格でナンピン買いせずに、

逆に売ってしまうのでは、ただの悲劇にしか過ぎない。




調査なしで投資することは、

手札を見ないでポーカーするのと同じである。




「暴落や調整局面で株を買うのは危険だ」と言う人がいます。

まったく、とんでもないことです。

そういうときには、売るほうこそ危険なのです。

株価が大幅に下げるというのは、めったにない投資のチャンスなのです。




最もよい方法は、

いつでも放っておいておけるだけのお金を貯めて、

それで株を買い、何があっても持ち続けることです。




株価の今日や明日、

または来週の動きは、

単なる気紛れでしかない。




いかに立派な企業でも、

高値になればリスキーな投資になる。




あなたがその店で買い物をするのが好きだからといって、

その店の株を買えと勧めたりはしない。


また、あなたの好きなものを作っているとか、

好きな食べ物を出すレストランだからといった理由でその株を買えとは言わない。


店の好み、製品、レストランなど、その会社に興味を持ち、

調査リストに載せるのは結構なことだが、

それだけでは株を持つのに十分とは言えない。


利益見通し、財務状況、競争上の位置、成長計画などなどについての、

宿題を済ます前には決して投資をしてはいけないのである。




自分の選んだ全ての株で儲ける必要はない。

株式投資で成功するために必要なのは、

大幅に値上がりする幾つかの銘柄であり、

それらによるプラスは期待外れの株の損失を埋めて余りある。




デイ・トレーディングに生計を賭けることは、

競馬やブラックジャック、あるいはビデオ・ポーカーで、

生計を立てるのとほとんど同じである。



1///

■ 投資家の名言

記事検索

収録記事を
五十音で検索できます。