ウォーレン・バフェットによろしく > 小山哲の名言

小山哲の名言(偉大な投資家達に学ぼう)

小山 哲(こやま さとし)」

新聞記者を経て独立した投資アドバイザー。

株式投資に関する著書を多く出版している人物。

著書一覧(提供:楽天)を見る→


■ 小山哲の名言


経営内容の悪い企業の株を買うのは、

まさに博打以下。



経済状況の悪いときに下値を拾うという考え方こそが、

確実に成果を出せる売買手法。



債務超過企業に投資するのは、

論外。



株式投資の王道は、

「良い会社の株を安いところで買う」ということです。

株式投資は基本に忠実なほど儲かります。


あまりにも儲け主義の投資というか、

投機に走ってはなりません。



株式投資では、良い会社に投資をすれば必ず儲かるかというと、

そうではありません。

なぜならば経営内容の良い会社はすでに株価に反映されていますので、

そこからさらに株価が上昇するためには、

さらなる業績の伸びが必要なのです。



株主の資本金を上手に使えない会社、

すなわちROEの低い会社。

これは企業体質や経営内容が良くない証拠なので、

株価の点でも旨みは少ないと判断した方がベターです。


Yahoo!ブックマークに登録


偉大な投資家に学ぼうリンク



偉大な投資家に学ぼうリンク2

人名検索 

収録されている人物を
人名別に検索できます。